タグ:Bragrance

幼児向けのスポンジボールを使ったテニススクールの開校を進めている中で、
なぜ今、私がテニスを広げようとしているのかを書かせて頂きます。

20151010_144610


テニスはご存知の通り、個人スポーツです。

なぜ、私が個人スポーツであるテニスが大切だと考えるのか。

それは子供の『自立心』や『自己表現力』、『自信』をつけるのに向いているからです。
団体スポーツの経験も大切でますが、個人スポーツの経験も大切ですよ。ということです。

息子の保育園の教育方針を見たり、幼稚園の話などを聞いていると、
皆が平等、運動会でもみんな頑張ったからみんなに金メダル、発表会もみんなが主役という世界もあります。

そのような教育もありだとは思います。
確かに保護者から不満が出にくいですし。

ただ、少なくとも息子には別の環境も用意したいと思います。

勝つことの喜び、負けることの悔しさ、悔しさをバネに勝つための努力の大切さと大変さ、成長することの喜び。これを幼少期から味わって欲しいです。
そして、テニスはそれが顕著に現れます。
負けるのも、勝つのも自分の責任、試合中にコーチからのアドバイスは無く、全て自分で考えて臨機応変に戦略を変更していく。
そして、相手への敬意と勝った時に気付く周りへの感謝。
個人スポーツであるテニスも周りの人に支えられ、仲間と共に成長するのです。
自分の成長や勝利の喜びを肌で感じられる分、感謝の気持ちも強く持てます。

その過程で、『自立心』や『自己表現力』、『自信』がついてきます。

改めてですが、私が言いたいのは、『団体スポーツよりも個人スポーツが良い』というのではなく、
『個人スポーツも大切ですよ』ということです。
私も息子にテニスだけでなく、サッカーや野球も習わせたいと思っています。

幼少期に、自ら目標を立て、そこに向かっていくプロセスを経験することで、
大きな夢を持ち、それを実現する力が身についていくと信じています。

以前、ブログ(■子供の自立 〜一流スポーツ選手の小学生の卒業文集はすごい〜)でも書きましたが、
一流の選手達は小学生の時にすでにこれを身につけています。
このプロセスの経験は大切なのです。


最後に、幼少期のレッスンでは保護者の理解(子供の目標、指導方針)もとても重要です。
コーチングは、生徒とコーチの協働関係が重要です。

幼少期の子供達を対象とした指導ではご家庭での教育環境の影響も大きい為、
保護者の方とも目標を共有し、コーチと保護者が一緒に子供達をサポート出来る環境が必要なのです。

けして優秀な実績があったわけではないご両親が、ご自分のお子さんにコーチングをしているご家庭で、優秀な選手が育つことがあるのは、運動をしている瞬間だけでなく、普段の生活の中でも親子の夢に向かってお子さんをサポート出来ているからなのでしょう。

私はそういう環境を世の中に広げていきたいと思います。

昨日は、テニス関係の打ち合わせで有明に行き、夜は幸いにも楽天オープンの試合観戦も出来ました。

20151008_183035
(MCの方と修造さん)

20151008_192324
(ダブルス 参考になるフォーメーション)

この大会の観戦は学生ぶりです。
約10年前との変化に驚き、やはりテニスブーム来てるな〜と実感しました。

観客の数
コート内の広告の数
チェンジコート間のCMとBGM
さらにスタジアムの外も盛り上がっていて、アウトビューイング観戦など海外の試合の様でテンションが上がりました。

そして、子供達が屋外の小さなコートで楽しくプレーしているのが印象的でした。
これだけ小さなコートだったら、都内でも設置出来るところ沢山ありますよね!!
20151008_165959
(play&stay コート)

昨日は錦織選手が出場していない日でしたが、それでも盛り上がっていました。
もちろん、まだまだ盛り上げられる要素は沢山ありますが、
夜9時頃のダブルスでもお客さんが熱く応援している姿などテニスの盛り上がりに感動せずにはいられませんでした。

20151008_173606
(夜のセンターコート)

試合を見ると、自分も試合がしたくなってしまいますね!(> <)

メディアなどによく取り上げられている、『◯◯選手の小学生時代の卒業文集』。

サッカーの本田圭佑選手、野球のイチロー選手の卒業文集はネットにも上がっているので、誰でも見ることが出来る。
他にもスポーツ選手、実業家、芸能人などで成功されている方の卒業文集などを見る事が出来る。
改めて、読んでみると面白い。

そしていくつかの共通点があると思った。

■共通点
・夢、目標が具体的である
・その夢・目標に向かったプロセスが具体的である
・今の自分を客観的に評価出来ている(自己分析が出来ている)
・文章から真剣さが伝わってくる(覚悟ももっている)

小学生で、これだけ具体的に夢の実現に向けて考えられているのはなぜなんだろうと不思議に思ってしまうほどだ。

以前、『なぜ私は一流のテニスプレイヤーになれなかったのか①』にも記載したが、私は漠然とした目標しか持っていなかったし、客観的に自分を見つめる機会などの無かったと思う。

何が決定的に違うのか。

自立度が違う。

卒業文集からも、
『一人の人間が、自分の力で夢を追い、厳しい勝負の世界に挑んでいる』
それが伝わってくる。

家庭環境によって、この自立度が高まるのは、一流選手の生い立ちなどを見てみると個人的には納得がいく。やはり苦労されている方ほど、自立度は高くなっていると思う。

では、教育という視点で、この自立度をつけていくにはどうすれば良いのだろうか。
『自立させる』をテーマに掲げている幼児教室も増えているが、
私は今、息子をどうしたら自立度が高くなるのかを考えているが、大きく2つのことで、自立心を鍛えてもらいたいと思っている。

一つ目は親といない時間をつくる。
親以外の方と一緒になにかをする、なにかを成し遂げる経験をしてもらう。
我が家が共働きをしているということから結果的に保育園に預けているが、これは良かったと思っている。同世代の子供や大人(先生)と触れ合い、日々たくましくなっているのを感じる。
例え妻が専業主婦になっても、同様の環境は用意したい。

保育園前に子供に伝えているのは、『泣いている子がいたら頭を撫でて慰める、勝負は勝て、遊びは思い切りやる』だ。こうやってテーマを決めるのも大切なのかなと。
先生との交換日記を見ても、これが出来てきていると思う。


二つ目は遊ぶときにゴールや通過点を作って、成功体験と失敗体験を経験してもらう。
ボール遊びや私との追いかけっこでは、負ける経験を沢山させる。
悔しい気持ち、勝ちたい気持ちを強く持たせること。
次はどうやったら勝てるかを考えさせること。
が重要だと考えているからだ。

だから負けた後は『次はどうしよっか?』と一緒に考える。
ボールを打つ遊びだったら、打ち方を変える、タイミングを変えるやってみる。
追いかけっこなら、膝を高く上げる練習や腕を振る練習をしてからもう一度挑戦。
などだ。
子供が自分で工夫して、勝負をしてきたら私は負ける。
こうやって、工夫した後の成功体験で、工夫して何かを成し遂げることの楽しさを伝える。

これを続けていくことで、遊びの中でも成長は見られ、
自分なりに工夫して運動や遊びをやるようになってきたと思う。


ただ、親バカなのは捨てきれないが・・・

是非、皆さんの子供への自立支援教育をお聞かせ下さい〜

よろしくお願い致します。

もうすぐ2歳の息子
『テニスをしている』とはまだまだ言えないけれど、今はボールを打つことが大好きです。 

子供は大人が使っている物にとても興味を持ちますね。
テニスを教えるには、年齢的にはまだまだ早いですが、部屋に置いてあった僕のラケットで遊び始めたのをきっかけに、テニスコートでも遊ぶようになりました。

個人的にはテニスを続けてくれたらなと思うのですが、今はサッカーも好きみたいなので、沢山のスポーツをやってみて、本人に決めて貰いたいと思います。

少し、我が家のボール遊びをご紹介させて頂きたいと思います。

■我が家のボール遊び
テニスもサッカーも同一のリズムで打ったり、蹴ったりしています。
『イチ、ニ、ポーン』の『ポーン』のタイミングで打ったり、蹴ったり出来るように僕から息子に球を投げると、僕のところに返球してくれます。

最初の頃はボールを転がして、向かってくるボールに慣れさせました。(追視のトレーニングですね。)
今は下投げですが、ノーバウンドで打ったり、蹴ったりさせています。

また、ボールをキャッチする遊びをすると、タイミングが合うようになってきます。
幼少期は投げるのは出来るのですが、キャッチをするのが難しいので、『イチ、ニ、キャッチ』も沢山やっています。

息子の全てのアクションに対して、
上手く出来たら、『ハイタッチ&ガッツポーズ(カモーン!)』を、
失敗したら、『次は頑張るぞのハイタッチ&次は成功させるぞ、オー!』を、
一緒にやると、とても喜んでくれます。

そして、息子も僕にボールを投げてくれるので、僕も打ったり、蹴ったりしています。

今では僕が家に帰ると玄関のガチャ!の音を合図に、『パパ、ボール!』と言って、ボール遊びを求めてきてくれます。
ただ、最近はラケットだと家の中を破壊される危険が出てきたので、キャッチとキック遊びの日々を送っています。

是非、お子様とボール遊びやってみて下さい!


最後に2015年夏の息子のテニスアルバムを。。。親バカですね。。。

■夏のテニス写真

『大人のラケットで遊ぶ!』
・ラケット大きいから中々思い通りにいかなくて、困っていたね。。。
mitene34f43480-e7dc-4835-8541-ccafce1b0902


『子供向けラケットをゲット!』
・お気に入りになったね。 
mitenec5543d1e-8822-4c31-bf7b-c400282fe364



『パパとハイタッチ』
・よし!、カモーン!を覚えたね。
mitenee507aff2-a971-4158-b2cf-f3f4e9807498

『ラケットに当たる』
・少し距離を離しても打てるようになってきたね。
mitene2b750e79-5692-4d03-a440-de211dfaa5a5

『球出し練習』
・雨の日も室内コートで練習したね。
mitene1f75ffe1-71e8-4a3a-87f1-576313d6b92b

『最後の球拾い、もう時間が・・・』
まだまだやりたかったんだよね。。。またやろうね。
mitene1adbe156-5af6-423d-b6c7-cd6d3d9b252e


一緒にラリーが出来る日を楽しみにしています。

以上、ここまでご覧頂き、有難うございました。 

妻のこと、子供のことを大切に思うなら、パパも真剣に育児に取り組むべきだ。

パパが育児に取り組みことを特別なことにしてはいけない。
だから、僕はイクメンという言葉には少し抵抗がある。
だが、その言葉によって、育児や家事を頑張れる人が増えるなら、それは使えば良いと思う。

ただ、『イクメンですね。 』と言われたら『いや、当然です。』と言えるパパが増えると良いなと思う。

僕がパパの育児を推していきたいと考えている。
その理由を書いていきたい。

トップ画像素材

■パパの子育て参加は心理学的にも子供に良い影響があると証明されている
効果としては
1.子供の自尊心が高くなる
 ・他の子供達と簡単に打ち解ける
 ・会話に対する反応が早い
 ・新しい遊びへの挑戦を楽しむ
 など
2.子供のIQが高くなる
  英ニューカッスル大の研究チームによる11,000人を対象とした追跡調査より。
3.子供の社会性が向上する
  英オックスフォード大の研究チームによる17,000人を対象とした追跡調査より。
  ・非行に走らず学業成績が優秀
  ・自身の能力を発揮する職業に就き、結婚して幸せな家庭を築く
という報告がされている。
※引用元:アメーバニュース http://news.ameba.jp/20150316-348/

■私の実体験として楽しいし、子供の成長の効果が見える
1.とにかく子供との時間は幸せな時間
  遊びだけでなく、オムツ替え、ご飯、お風呂、保育園の送り迎えなど一緒の時間を過ごすほど、子供との信頼が出来るのを感じる。
  ・朝、保育園に行くときはパパと手を繋ぐことを求めてくれる。
  ・家ではとにかくパパと遊びたいと言ってくれる。
  ・お風呂はパパと入りたいと言ってくれる。
  それが本当に幸せで癒される時間。仕事も頑張れる。

2.色んな遊びを覚える
  ママとパパでは幼少期に遊んでいたことも違うし、遊び方も違う。
  沢山の遊び、遊び方を教え、子供がそれを組み合わせたりして新しい遊びを作っていく。
  
3.運動能力が上がる
  これは必ずとは言えないが、ママとパパでは体力が違うことが多いし、『パパも育児は当たり前!』とはいってもママはやっぱりパパよりも子供の事をかなり真剣に考えているので、精神的にも疲れている事が多いと思う。
  だから、運動の相手はパパの方が良いという事が多いと思う。
  ・ボールで遊んで、投げたり、キャッチしたり、蹴ったりするのが上手になる。
  ・追いかけっこをして、走るのが早くなる。
  ・とにかく走り回って、体力がつく。
  など、これを全部ママがやっていたら大変だと思う。。。
  そして、パパだと子供も本気になれるのでより一層効果があると思う。

4.知識の幅が広がる
 パパとママでは趣味や知識の内容が違うので、パパの知識を吸収する。
  ・ミニカーやプラレールで遊んでもメーカーや車種、電車の型を覚える。
  ・◯◯ごっこをする時の決めポーズの種類が豊富になる。
  ・絵本を読む時のアドリブの違いで、ママとは違う形容詞などの表現を覚える。

など、この様にパパが育児に関わることのメリットはいっぱいある。
是非、パパも積極的に、そして当たり前の様に育児に関わっていって貰えると嬉しい。


但し、子供にとって、ママの事が一番大切であるべきだと僕は思う。
男の子にとってママは恋人、女の子にとってママは親友以上の存在。
だから、パパが子供と沢山の時間を過ごした後に、子供がママのところに駆け寄っても、それを微笑ましく見守るのが良い。

そして、妻が夫を立ててくれる様に、夫も妻を立てることが大切だと思う。

パパが育児や家事が出来るようになれば、ママを少しはリフレッシュ出来るし、そうすると新しいことへのチャレンジ精神も強くなり、ママの実力を発揮できるチャンスが広がる。
ママのキャリアの選択肢が増えるはずだ。

なにより、相乗効果で家庭が明るくなる。

少しでも多くの幸せな家庭と、 幸せな人生を歩む子供達があふれる世界をつくるサポートが出来たらと思う。


ここまでご覧いただき有難うございました。
これは私個人の意見なので、共感頂ける部分と違和感がある部分があると思います。
是非、ご意見やご感想など頂けましたら幸いです。 
また、シングルファザー、シングルマザーの方に対する配慮の無い内容になっていること、ご了承下さい。

↑このページのトップヘ