タグ:幼児教育

幼児向けのスポンジボールを使ったテニススクールの開校を進めている中で、
なぜ今、私がテニスを広げようとしているのかを書かせて頂きます。

20151010_144610


テニスはご存知の通り、個人スポーツです。

なぜ、私が個人スポーツであるテニスが大切だと考えるのか。

それは子供の『自立心』や『自己表現力』、『自信』をつけるのに向いているからです。
団体スポーツの経験も大切でますが、個人スポーツの経験も大切ですよ。ということです。

息子の保育園の教育方針を見たり、幼稚園の話などを聞いていると、
皆が平等、運動会でもみんな頑張ったからみんなに金メダル、発表会もみんなが主役という世界もあります。

そのような教育もありだとは思います。
確かに保護者から不満が出にくいですし。

ただ、少なくとも息子には別の環境も用意したいと思います。

勝つことの喜び、負けることの悔しさ、悔しさをバネに勝つための努力の大切さと大変さ、成長することの喜び。これを幼少期から味わって欲しいです。
そして、テニスはそれが顕著に現れます。
負けるのも、勝つのも自分の責任、試合中にコーチからのアドバイスは無く、全て自分で考えて臨機応変に戦略を変更していく。
そして、相手への敬意と勝った時に気付く周りへの感謝。
個人スポーツであるテニスも周りの人に支えられ、仲間と共に成長するのです。
自分の成長や勝利の喜びを肌で感じられる分、感謝の気持ちも強く持てます。

その過程で、『自立心』や『自己表現力』、『自信』がついてきます。

改めてですが、私が言いたいのは、『団体スポーツよりも個人スポーツが良い』というのではなく、
『個人スポーツも大切ですよ』ということです。
私も息子にテニスだけでなく、サッカーや野球も習わせたいと思っています。

幼少期に、自ら目標を立て、そこに向かっていくプロセスを経験することで、
大きな夢を持ち、それを実現する力が身についていくと信じています。

以前、ブログ(■子供の自立 〜一流スポーツ選手の小学生の卒業文集はすごい〜)でも書きましたが、
一流の選手達は小学生の時にすでにこれを身につけています。
このプロセスの経験は大切なのです。


最後に、幼少期のレッスンでは保護者の理解(子供の目標、指導方針)もとても重要です。
コーチングは、生徒とコーチの協働関係が重要です。

幼少期の子供達を対象とした指導ではご家庭での教育環境の影響も大きい為、
保護者の方とも目標を共有し、コーチと保護者が一緒に子供達をサポート出来る環境が必要なのです。

けして優秀な実績があったわけではないご両親が、ご自分のお子さんにコーチングをしているご家庭で、優秀な選手が育つことがあるのは、運動をしている瞬間だけでなく、普段の生活の中でも親子の夢に向かってお子さんをサポート出来ているからなのでしょう。

私はそういう環境を世の中に広げていきたいと思います。

今日は日本体育協会のスポーツリーダー養成講座の11月末提出分の課題集を解きました。
頭の隅に残っていた残タスクを1つクリアです。

20151016_214657

問題を解くのは簡単です。おそらく資格を取るのも簡単なはずです。
けれど、このテキストを隅々まで理解するのは時間が掛かります。

『スポーツを普及させていく指導者』として、『スポーツ事業を行う経営者』として、
資格を取れば良いというスタンスを取るわけにはいかないので読み込みます。

読んでいくとどうでしょう。
課題集には問題として出てこないけれど、興味深い内容が盛りだくさんです。

なかでも共感出来たのが、最近のプロスポーツ選手は反面教師的な行動をする選手が増えてきていることです。
特に有名な選手がその様な行為や言動をすることで、メディアが大きく報じ、それを真似する若いアスリートや子供達が真似をしてしまいます。コーチや親ですら、それらの行為をすることを自然に受け入れてしまうのは怖いことです。
さらにはこれらの行動は本人達の人格にも影響を及ぼし、スポーツの空間だけにとどまらず、社会生活でも影響してしまうのです。

ただ、何があっても勝たなくてはならない、勝ちたいという気持ちはスポーツをしてきた身として理解出来ます。
テニスでも、特に競っている時に、相手の球がぎりぎりラインに触れたかどうか?という時のジャッジは悩みます。アウトとコールしたいという気持ちは出てくるもの。

テキストにも載っている事例で、FIFAW杯予選イングランド対ウェールズの試合があります。
ベッカムは前の試合で警告(イエローカード)を貰っており、さらに今日の試合中に怪我をした為、次の試合には出れないことが分かっていた状況だったので、あえて警告を貰いにいくプレーをします。
これは、警告が累積2回になると『次の試合に出れない』かつ『累積警告はリセット』になる為です。
ベッカムとしては怪我で次の試合に出れないから、累積警告をリセットする選択をしたのです。

大事なW杯予選、やりたくなる気持ちもわかりますが、警告をもらうプレーはスポーツマンシップに反するプレー、さらにベッカムの様な世界中から注目されている選手がこの様なプレーをしてしまうと、各国のジュニア大会でも同じ様なプレーが生まれてしまうかもしれません。

今はスポーツ界で多額のお金が動きます。結果一つで選手や関係者の生活が変わることもあります。
だからこそ、何をしてでも勝ちたいという気持ちが出てしまうのでしょう。
その気持ちは理解できます。おそらく選手達も私では想像のつかない究極の選択をしているのだと思います。でもそれらの行動を認めてはいけません。

指導者は少なくとも、スポーツマンシップ、フェアプレーを理解し尊重し、子供達や保護者に対して、この様なプレーはしてはいけないとしっかりと伝えていかなくてはいけないと思いました。

まだまだ勉強することは沢山ありますが、スポーツは奥が深くて本当に面白いです!
























 

生後3ヶ月〜24ヶ月の赤ちゃんとママを対象にした親子教室の準備を進めています!

インストラクターの菅原のりこ先生と渋谷の会場で打ち合わせ。
菅原さんは映画『ゴジラ対モスラ』の振り付けをやられていた先生です。
また、書籍『テキトー母さんのすすめ』などで有名な作家・講演家の立石美津子さんにもご協力を頂いております。

プログラム内容も詰まってきたので、会場でのイメージ確認。
童謡かけたり、流行りの洋楽をかけたりと僕らもダンスを楽しんでいました。

20151001_120022

教室の内容は
生後3ヶ月〜12ヶ月の赤ちゃんとママ向けの『ベビママらくらくシェイブアップ&ダンシング』
生後12ヶ月〜24ヶ月の赤ちゃんとママ向けの『ベビママリフレッシュ&知育プログラム』です!

『ベビママらくらくシェイブアップ&ダンシング』は赤ちゃんを抱っこしながらも楽しく踊ったりしながら、産後のママの身体を引き締め、心もリフレッシュ出来るようなプログラムに。
『ベビママリフレッシュ&知育プログラム』もダンスなどの動きをして、ママの心と体をリフレッシュしながらも、知育要素の入ったトレーニングも入れて、赤ちゃんの脳の発達も促進させるプログラムになっています。
また、ランチタイムはスタジオを開放しますので、お弁当をご持参頂ければその場で食べて頂くことができます!

10月28日(水)、29日(木)に一度、単発でレッスンを行います!
下記、現在作成中のパンフレットです!
ご興味のある方は是非、ご連絡下さい!! 
k.sakiyama0531@gmail.com
まで!

 BBC第1回実施パンフレット

よろしくお願い致します!!

メディアなどによく取り上げられている、『◯◯選手の小学生時代の卒業文集』。

サッカーの本田圭佑選手、野球のイチロー選手の卒業文集はネットにも上がっているので、誰でも見ることが出来る。
他にもスポーツ選手、実業家、芸能人などで成功されている方の卒業文集などを見る事が出来る。
改めて、読んでみると面白い。

そしていくつかの共通点があると思った。

■共通点
・夢、目標が具体的である
・その夢・目標に向かったプロセスが具体的である
・今の自分を客観的に評価出来ている(自己分析が出来ている)
・文章から真剣さが伝わってくる(覚悟ももっている)

小学生で、これだけ具体的に夢の実現に向けて考えられているのはなぜなんだろうと不思議に思ってしまうほどだ。

以前、『なぜ私は一流のテニスプレイヤーになれなかったのか①』にも記載したが、私は漠然とした目標しか持っていなかったし、客観的に自分を見つめる機会などの無かったと思う。

何が決定的に違うのか。

自立度が違う。

卒業文集からも、
『一人の人間が、自分の力で夢を追い、厳しい勝負の世界に挑んでいる』
それが伝わってくる。

家庭環境によって、この自立度が高まるのは、一流選手の生い立ちなどを見てみると個人的には納得がいく。やはり苦労されている方ほど、自立度は高くなっていると思う。

では、教育という視点で、この自立度をつけていくにはどうすれば良いのだろうか。
『自立させる』をテーマに掲げている幼児教室も増えているが、
私は今、息子をどうしたら自立度が高くなるのかを考えているが、大きく2つのことで、自立心を鍛えてもらいたいと思っている。

一つ目は親といない時間をつくる。
親以外の方と一緒になにかをする、なにかを成し遂げる経験をしてもらう。
我が家が共働きをしているということから結果的に保育園に預けているが、これは良かったと思っている。同世代の子供や大人(先生)と触れ合い、日々たくましくなっているのを感じる。
例え妻が専業主婦になっても、同様の環境は用意したい。

保育園前に子供に伝えているのは、『泣いている子がいたら頭を撫でて慰める、勝負は勝て、遊びは思い切りやる』だ。こうやってテーマを決めるのも大切なのかなと。
先生との交換日記を見ても、これが出来てきていると思う。


二つ目は遊ぶときにゴールや通過点を作って、成功体験と失敗体験を経験してもらう。
ボール遊びや私との追いかけっこでは、負ける経験を沢山させる。
悔しい気持ち、勝ちたい気持ちを強く持たせること。
次はどうやったら勝てるかを考えさせること。
が重要だと考えているからだ。

だから負けた後は『次はどうしよっか?』と一緒に考える。
ボールを打つ遊びだったら、打ち方を変える、タイミングを変えるやってみる。
追いかけっこなら、膝を高く上げる練習や腕を振る練習をしてからもう一度挑戦。
などだ。
子供が自分で工夫して、勝負をしてきたら私は負ける。
こうやって、工夫した後の成功体験で、工夫して何かを成し遂げることの楽しさを伝える。

これを続けていくことで、遊びの中でも成長は見られ、
自分なりに工夫して運動や遊びをやるようになってきたと思う。


ただ、親バカなのは捨てきれないが・・・

是非、皆さんの子供への自立支援教育をお聞かせ下さい〜

よろしくお願い致します。

もうすぐ2歳の息子
『テニスをしている』とはまだまだ言えないけれど、今はボールを打つことが大好きです。 

子供は大人が使っている物にとても興味を持ちますね。
テニスを教えるには、年齢的にはまだまだ早いですが、部屋に置いてあった僕のラケットで遊び始めたのをきっかけに、テニスコートでも遊ぶようになりました。

個人的にはテニスを続けてくれたらなと思うのですが、今はサッカーも好きみたいなので、沢山のスポーツをやってみて、本人に決めて貰いたいと思います。

少し、我が家のボール遊びをご紹介させて頂きたいと思います。

■我が家のボール遊び
テニスもサッカーも同一のリズムで打ったり、蹴ったりしています。
『イチ、ニ、ポーン』の『ポーン』のタイミングで打ったり、蹴ったり出来るように僕から息子に球を投げると、僕のところに返球してくれます。

最初の頃はボールを転がして、向かってくるボールに慣れさせました。(追視のトレーニングですね。)
今は下投げですが、ノーバウンドで打ったり、蹴ったりさせています。

また、ボールをキャッチする遊びをすると、タイミングが合うようになってきます。
幼少期は投げるのは出来るのですが、キャッチをするのが難しいので、『イチ、ニ、キャッチ』も沢山やっています。

息子の全てのアクションに対して、
上手く出来たら、『ハイタッチ&ガッツポーズ(カモーン!)』を、
失敗したら、『次は頑張るぞのハイタッチ&次は成功させるぞ、オー!』を、
一緒にやると、とても喜んでくれます。

そして、息子も僕にボールを投げてくれるので、僕も打ったり、蹴ったりしています。

今では僕が家に帰ると玄関のガチャ!の音を合図に、『パパ、ボール!』と言って、ボール遊びを求めてきてくれます。
ただ、最近はラケットだと家の中を破壊される危険が出てきたので、キャッチとキック遊びの日々を送っています。

是非、お子様とボール遊びやってみて下さい!


最後に2015年夏の息子のテニスアルバムを。。。親バカですね。。。

■夏のテニス写真

『大人のラケットで遊ぶ!』
・ラケット大きいから中々思い通りにいかなくて、困っていたね。。。
mitene34f43480-e7dc-4835-8541-ccafce1b0902


『子供向けラケットをゲット!』
・お気に入りになったね。 
mitenec5543d1e-8822-4c31-bf7b-c400282fe364



『パパとハイタッチ』
・よし!、カモーン!を覚えたね。
mitenee507aff2-a971-4158-b2cf-f3f4e9807498

『ラケットに当たる』
・少し距離を離しても打てるようになってきたね。
mitene2b750e79-5692-4d03-a440-de211dfaa5a5

『球出し練習』
・雨の日も室内コートで練習したね。
mitene1f75ffe1-71e8-4a3a-87f1-576313d6b92b

『最後の球拾い、もう時間が・・・』
まだまだやりたかったんだよね。。。またやろうね。
mitene1adbe156-5af6-423d-b6c7-cd6d3d9b252e


一緒にラリーが出来る日を楽しみにしています。

以上、ここまでご覧頂き、有難うございました。 

↑このページのトップヘ