カテゴリ: テニス

キッズテニス教室は今年の1月からスタートし、5ヶ月間が経とうとしています。
明日の取締役ミーティングに向けて、現状を整理していたので、振り返りを少し記載したいと思います。

まだまだ小規模の教室ですが、小さな会社のゼロからの教室の立ち上げとして一部分でも参考になることがあれば幸いです。


IMG_4562
 
■事前準備と集客について
スタート時の集客はチラシとFacebook広告で告知を行い、まずは体験レッスンに来て頂く準備をしました。
事前準備として
①複数のテニススクールのキッズクラスの見学や実際のコーチングを経験
②日本テニス協会主催のPlay&Stayの講習会への参加
③キッズコーディネーショントレーニングの資格取得
④日本体育協会のスポーツリーダー資格取得
⑤オリジナルのカリキュラムを作成
などを行いました。
20151016_214657
20150920_212416



去年の12月に数カ所で告知を行い、全ヶ所で体験レッスンは実現しましたが、地域によって結果に大きな差が出ました。
各会場の反応と、地域の特性(子供の人口推移、保育環境、幼児教室数など)を考慮して、1エリアに絞ることにしました。
チラシ業者の方や地域の幼児教室や幼稚園、保育園の先生方のご意見はとても参考になります。


オープンの日付は決めていたので、急遽絞った地域で、複数回体験レッスンを実施し、数名のお客様にご入会のご意向を頂き、1月からのオープンが実現しました。
1人目のお客様にご入会意向を頂いた時はかつてないほどに感激したのを覚えています。

『入会者が0人だったらどうしよう、そしたらブレグランスには何も無くなってしまう。。。』という不安がかなり大きかったので、少し光が見えた瞬間でした。

今は少しずつお客様が増えてきたので、口コミなどでも体験レッスンに来て頂くことが出来ています。

■レッスンについて
キッズテニス教室は対象年齢を3歳〜7歳としており、この年齢を一緒にレッスンしています。
沢山のお客様に来て頂ければ、年齢を細かく分けてクラス分けが出来ますが、最初はそうは行きませんでした。しかし、その様な環境だからこそ出来ることもあると思い、色々試行錯誤しました。
現在の継続率は100%と、とても有難い結果となっています。

下記にレッスン内容の良かったところ、これからの課題を記載します。

<良かった点3つ>
①3歳から7歳が協力したり、競い合ったりする環境
→兄弟がいない子供にとって、この年齢差の中で一緒に何かを取り組む機会は少ないので、キッズテニス教室では、難しいことでも一緒に協力してやり遂げる経験、簡単なことでも少しのハンデをつけて本気で競い合う経験が出来る環境を意識しています。

②キッズコーディネーションとテニスレッスンのバランスとその説明
→キッズテニス教室は体を上手く使える様になる為のトレーニングを多く入れています。
特に最初はなぜそれが必要なのか、効果はどういったものかを保護者の方に説明しながら進めていきました。『この動きはラケットを振る動作に活かされます』や『実はサッカーや他のスポーツのこんな動きにも活かされるんです。』などです。
これにより、ラケットを握らない時間について保護者の方に理解して頂くことが出来ましたし、体験レッスンなどで保護者の方からのコメントで評価頂いている部分でもあります。

③子供の笑顔と保護者の方の笑顔
→キッズテニス教室では保護者の方の笑顔、少しの笑いを意識しています。
これは永遠の課題でもありますが、やっている側も見ている側も楽しんで貰えることを目指しています。
コーチがふざければ子供達もふざけて笑ってくれます。しかし、お受験などを控えている保護者の方はそんな状況を笑ってはくれません。真面目にスポーツをしている中で、いかに笑顔になって貰えるかを考えています。例えば、『子供達が頑張っている時に大きな声とリアクションで実況中継をする。』『子供を褒める時に保護者の方も巻き込む』など試行錯誤しています。。。


<課題3つ>
・レッスンプログラムの型化
→現状は当日の子供達の状況や反応を見ながら、プログラムを変更したりしていますが、半年や1年を通じての子供達のゴール設定を行い、ゴールに向けてブレの無いレッスンプログラムを考えていきます。

・エンターテイメント性の向上
→子供達のゴール設定に向けて取り組むのあたり前ですが、その中でもエンターテイメント性をさらに意識して、スポーツを楽しく、いつまでもをやりたいと思って貰える内容にしていきます。
欧米では何かの物語(スターウォーズなど)に沿った、レッスン内容も展開していたりするので、参考にしていきたいと思います。

・キッズテニス教室のコーチ採用と拡大
→同じ志、同じ価値観を共有出来る方をコーチに向かい入れ、レッスンプログラムを共有し、教室を拡大していきます。


■今後の展開
現在はキッズテニス教室に加え、キッズダンス教室、百貨店でのキッズコーディネーション教室の展開を行っているので、展開先をどんどん広げて行きたいと思います。

また、プロテニス選手に弊社を所属先として貰い、チームとして動いていますが、キッズスポーツ事業を拡大していくにあたり、子供達の憧れであったり、目指す選手を身近に感じて貰いたいと考えています。様々な種目のスポーツ選手との取り組みを考えています。
そして、選手の専門種目での強化と他分野での強化を行うことで、所属選手に長期に渡って主体的に活躍出来る環境を選手と共に作っていきます。

さらに現在あたためている企画があるので、実現出来る様に頑張ります!!
明日の取締役ミーティングで採用されると良いのですが!


長くなりましたが、ここまでお付き合い頂きました皆様有難うございます。
引き続き、皆様のご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

幼児向けのスポンジボールを使ったテニススクールの開校を進めている中で、
なぜ今、私がテニスを広げようとしているのかを書かせて頂きます。

20151010_144610


テニスはご存知の通り、個人スポーツです。

なぜ、私が個人スポーツであるテニスが大切だと考えるのか。

それは子供の『自立心』や『自己表現力』、『自信』をつけるのに向いているからです。
団体スポーツの経験も大切でますが、個人スポーツの経験も大切ですよ。ということです。

息子の保育園の教育方針を見たり、幼稚園の話などを聞いていると、
皆が平等、運動会でもみんな頑張ったからみんなに金メダル、発表会もみんなが主役という世界もあります。

そのような教育もありだとは思います。
確かに保護者から不満が出にくいですし。

ただ、少なくとも息子には別の環境も用意したいと思います。

勝つことの喜び、負けることの悔しさ、悔しさをバネに勝つための努力の大切さと大変さ、成長することの喜び。これを幼少期から味わって欲しいです。
そして、テニスはそれが顕著に現れます。
負けるのも、勝つのも自分の責任、試合中にコーチからのアドバイスは無く、全て自分で考えて臨機応変に戦略を変更していく。
そして、相手への敬意と勝った時に気付く周りへの感謝。
個人スポーツであるテニスも周りの人に支えられ、仲間と共に成長するのです。
自分の成長や勝利の喜びを肌で感じられる分、感謝の気持ちも強く持てます。

その過程で、『自立心』や『自己表現力』、『自信』がついてきます。

改めてですが、私が言いたいのは、『団体スポーツよりも個人スポーツが良い』というのではなく、
『個人スポーツも大切ですよ』ということです。
私も息子にテニスだけでなく、サッカーや野球も習わせたいと思っています。

幼少期に、自ら目標を立て、そこに向かっていくプロセスを経験することで、
大きな夢を持ち、それを実現する力が身についていくと信じています。

以前、ブログ(■子供の自立 〜一流スポーツ選手の小学生の卒業文集はすごい〜)でも書きましたが、
一流の選手達は小学生の時にすでにこれを身につけています。
このプロセスの経験は大切なのです。


最後に、幼少期のレッスンでは保護者の理解(子供の目標、指導方針)もとても重要です。
コーチングは、生徒とコーチの協働関係が重要です。

幼少期の子供達を対象とした指導ではご家庭での教育環境の影響も大きい為、
保護者の方とも目標を共有し、コーチと保護者が一緒に子供達をサポート出来る環境が必要なのです。

けして優秀な実績があったわけではないご両親が、ご自分のお子さんにコーチングをしているご家庭で、優秀な選手が育つことがあるのは、運動をしている瞬間だけでなく、普段の生活の中でも親子の夢に向かってお子さんをサポート出来ているからなのでしょう。

私はそういう環境を世の中に広げていきたいと思います。

昨日は、テニス関係の打ち合わせで有明に行き、夜は幸いにも楽天オープンの試合観戦も出来ました。

20151008_183035
(MCの方と修造さん)

20151008_192324
(ダブルス 参考になるフォーメーション)

この大会の観戦は学生ぶりです。
約10年前との変化に驚き、やはりテニスブーム来てるな〜と実感しました。

観客の数
コート内の広告の数
チェンジコート間のCMとBGM
さらにスタジアムの外も盛り上がっていて、アウトビューイング観戦など海外の試合の様でテンションが上がりました。

そして、子供達が屋外の小さなコートで楽しくプレーしているのが印象的でした。
これだけ小さなコートだったら、都内でも設置出来るところ沢山ありますよね!!
20151008_165959
(play&stay コート)

昨日は錦織選手が出場していない日でしたが、それでも盛り上がっていました。
もちろん、まだまだ盛り上げられる要素は沢山ありますが、
夜9時頃のダブルスでもお客さんが熱く応援している姿などテニスの盛り上がりに感動せずにはいられませんでした。

20151008_173606
(夜のセンターコート)

試合を見ると、自分も試合がしたくなってしまいますね!(> <)

10月10日(金)、11日(土)に渋谷のNHK放送センターでNスポ!2015が開催されます。
時間は午前10時から午後4時までです。入場は無料です。

屋外フィールドではPLAY&STAY(初心者向けプログラム)や車椅子テニスが体験出来るコーナーもあります。
他にも様々なスポーツが体験出来るコーナーが沢山あります!是非皆さん遊びに行ってみては如何でしょうか!?


PLAY&STAYは通常よりも小さいコートで、短いラケットと、柔らかいボールを使うので、ボールの速度が遅く、弾みを弱く、小さい子供から高齢者まで楽しむことが出来ます。
身長の低い子供や広い範囲で動くことが難しい高齢者がテニス始めるにはハードルがありましたが、このPLAY&STAYではそれらのハードルを克服し、より多くの方にテニスを楽しんで頂き、長く続けてもらいたいという思いがあります。

また、始めたその日からゲームが出来るのもPLAY&STAYの良さだと思います。

ただ、内容は素晴らしいのに普及はまだまだだと思います。
PLAY&STAYは、同じテニスでも少しやり方を変えることで、今まで始めるのが難しかった世代や層にテニスを触れてもらうこと出来ます。
他のスポーツでも同じ様な取り組みが行われていますが、この様な取り組みが様々なスポーツで行われる様に普及していきたいと思います。

そして、保護者の理解も大切です。
テニスの場合、親の立場からしたら、出来ることなら公式のボールと公式のコートでテニスをさせたいと思うのではないでしょうか。
そっちの方が『上級者になる近道なのではないか』と思ってしまいますよね。
だからこそ、保護者には子供の骨格や筋肉の成長過程などを理解し貰い、PLAY&STAYのメリットを納得して貰わないといけない。
そういうところの普及もまだまだこれからです。

子供をトップアスリートに育てたい、上級者に育てたいなら、甘やかしても駄目、頑張らせ過ぎても駄目、子供の体とスポーツの特徴を理解して指導しないといけないんですよね。

PLAY&STAYは多くのスクールで導入されています。
ただ、PLAY&STAYには小さいスペースでも出来るというメリットがあります。
都内の体育館や児童館でも出来るんです。
もっと多くの子供達にテニスを経験してもらうことが出来るんです。

はい、私も頑張って普及に貢献させて頂きたいと思います!!
一緒に協力して頂ける方ご連絡下さい!!

よろしくお願い致します。
Nスポ!2015の詳細です→https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0266983/index.html

最近、健康の為に1週間に7時間以上運動をすると決めています。
1日1時間以上のペースが目標です。

スポーツの趣味はテニスなので、テニスとそれに関するトレーニングの時間が多くなってしまいますね。
そして、毎週7時間以上やり続けるのは簡単な様で大変だったりします。

先週末は日中、6時間テニスをして、翌日熱を出しました・・・
バランスが大切ですね(⌒-⌒; )

他のスポーツもやってみたいので、今後は積極的に実施していきたいと思います!


先週、撮影して頂いた僕のフォアサイドのストロークです。
ムービーの中でも指摘されていますが、
・構えが遅い
・反応が遅い
・ラケット引くの遅い
・テイクバック小さい
・姿勢が高い
で、まだまだ不安定なテニス。週に1回のテニスを大切にして、改善していきます!

 

皆さん、是非一緒にテニスしましょう!

↑このページのトップヘ